• 学校紹介

ご挨拶

調べて、やってみて、会得する!

この度は、岩谷学園ひがし北海道IT専門学校のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。校長の松山明彦と申します。

私どもの学園は、地域の皆さま方の支援により2023年11月24日に北海道知事より認可を受け、日本有数の酪農地帯である北海道の根釧(こんせん)地域の中標津町に誕生しました。日本では一番東に位置する専門学校となり、開校は2024年4月からになります。学科は地域未来情報テクノロジー科、その中に農業酪農ITコースと商工業観光ITコースがあります。農業・酪農系と商工業観光系の組み合わせは、日本初です。

学園の教育テーマは「楽しい教育」を軸として、様々な専門分野の講師陣によって「課題解決力」と「実践力」を身につけるためのカリキュラムになっています。さらに先進農家や関連施設を活用した実践実習やインターンシップを多く取り入れ、産業人として即戦力になるための授業を展開していきます。

校舎は平屋で白を基調としていて、小さな建物が集まった配置になっています。校内を移動しているとワクワクする感じに設計されており、親しみやすい空間が演出されています。

昨今の情報化社会では日々目まぐるしく変化していきますが、私たちは「調べて、やってみて、会得する」この考え方をベースに学びを深めていきます。さらに自分軸を持てる人になってもらう教育の特色として、プロジェクト学習を導入し探究心を高めます。自分軸とは、周りや周囲に左右されず、自分を大切にして、ありのままの自分を見つめ、自分に何ができるかをしっかり考えることです。日本の一番東に来て、広い北海道の大地の中で自分軸を見つめ一緒に学んでみませんか。仲間とともに過ごす2年間は一生の宝になるはずです。

最後に保護者の皆さま、私ども岩谷学園では、これからの時代に必要な最先端のITの習得とお子様が将来自立を目指して、自分軸で生き抜くための人間力を高めることができるように、職員一同、全力をあげてサポートすることをお約束いたします。

施設紹介

完成したばかりの新しい校舎だから設備も充実!
キレイ・温かな教室で勉強に集中できる環境です。

小さな建物が連なる、そんなイメージの学校です。小さな建物は少しずつずれながら連なります。今いる場所からは隣の建物の様子がみえかくれし、移動するたびに今いる場所とは異なる風景が展開します。「小さな単位を連ねる」という発想に転換し、空間体験の豊かさを生み出しました。親しみやすいおだやかな佇まいが、学生と地域の人々をやさしく迎え入れることでしょう。

施設概要

所  在  地/北海道標津郡中標津町東7条南9丁目6番、1番の内

建築面積/約870㎡

延べ面積/約870㎡

規  模/地上1階

構造種別/木造

基本設計/株式会社アトリエMEME

担  当/八木敦之、李嘉欣、柳澤慶太

アトリエMEME 八木

八木 敦之 -建築家-

1980年北海道 札幌生まれ。幼少期から高校まで九州 福岡にて育つ。1999年東京大学入学。
2001年東京大学工学部建築学科進学。
日本を代表する建築家・北川原温(東京芸術大学名誉教授)に師事し、ミラノ万博日本館等を担当。「よい空間が、よい人を育てる」という信念のもと、個人住宅から大学施設までスケールや領域にとらわれない設計活動を展開している。

資料請求
オープンキャンパス